アラサーの乗り越え方

アラサーの日常☆彡 #アラサー#ブックレビュー#リスト100#エッセイ

願いが叶わなくても

 

こんな夜は (幻冬舎文庫)

こんな夜は (幻冬舎文庫)

 

 またまたこんばんは。本日2度目ですが、いいですか?

ふと、タイトルのフレーズが浮かんだので、何か書けそうな気がして。

 

ワクワクして書き上げたWish List 100!。

一つ目に書いた「A市に合格する」は、無残にも叶わなかった模様です。

残念無念! カテキョまでしてもらって、問題集も4回くらい解いたのになぁー。

早くも、Wish Listに変更(するのか?)を迫られています。

 

もしかして、欲張りなのかもしれないな。

ふと、そう思う。

最近、感謝すること、忘れてないかい? どうなんだ?

 

そうかも。そうかも!

昔はね、日々の記録に一日にあったよかったことリストなるものを書いて、毎日感謝していたっけ。

そういう謙虚さが、最近あまりなかったかも。

 

もしも願いが叶わなくても、いい。

それだけに、こだわらない。執着しない。

だって、他にもやるべきこと、やりたいこと、会いたい人はいるから。

そう、執着しないこと。こうじゃなくちゃいけない、って思い込みからスルリと抜け出そう。

 

ブログが書籍になって出版できなくったって、いい。

Aくんと年度末までに付き合えなくたって、いい。

問題集になかなか取り組めなくたって、いい。

完璧にしようとしなくたって、いい。

願いが全部叶わなくたって、いい。

 

思うに、願いをイメージしてワクワクする、そういう行為が、いい。

願いがどんどん沸いてくる自分のコンディションが、いい。

一つのことや人に執着していない自分が、いい。

求めるばかりではなくって、相手に感謝している自分が、いい。

こうじゃなきゃならない、って力まないほうが案外上手くいく。

 

小川糸さんの日記エッセイを読み始めて、思いのほか旅に出てパワフルで料理好きな彼女の地に足の着いたことばたちに、なんだか感化されたのかしら。

そうそう、彼女も雪国出身なんだって。親近感。

他の本も、読んでみたくなりました。新しい出会いに感謝☆彡

 

Have a lovely day❤